仮想通貨TIMES

ライズトークン(XRT)の運営者が逃亡…

Pocket

 

先日、こちらの記事で紹介したライズトークン(XRT)ですが、ホームページが閉鎖されていたことが判明しました。

 

今回は「ライズトークン(XRT)の運営者が逃亡…」という内容で、この件について口コミなども合わせて調べています。

 

 

ライズトークン(XRT)の運営元が逃げた?

 

 

Twitterでは公式サイトにアクセスできなくなったことによって、運営元がいなくなったのではないかと騒がれています。

 

 

ライズトークンって稼げる? JOKER(ジョーカー)の湯田陽太は詐欺師?

 

ちなみにライズトークンの概要はこちらをご参考ください。

 

通貨名 ライズトークン
通貨コード XRT
発行元 CORWEN SOLUTIONS LTD
総発行枚数 500,000,000 XRT
BCプラットフォーム Ethereum
公式サイト https://rise-token.com

 

 

今後、ライズトークンは日本向けの営業をやめて、後は儲けを持って逃げるだけなのかもしれません。

 

Twitter上では口コミがかなり悪くなっており、元本割れになっているともされています。

 

「ライズトークン(XRT)」はMLMによる詐欺?

 

 

「ライズトークン(XRT)」はMLMによる詐欺と言われています。

こちらの商品を購入している人間が新たに購入者を紹介すること。そして、紹介された人間がまた商品(ライズトークン)を購入することで、最初の紹介者にも紹介料が支払われるという「ねずみ講」のシステムです。

 

MLMについては仮想通貨業界でメインの手口であり、ほぼ詐欺であることが確定しています。

 

過去には「ビットクラブ」「AIトレード」といった詐欺と呼ばれる手口もありました。

 

「ライズトークン(XRT)」に関する最新口コミまとめ

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメサイト紹介記事

↓【完全自動で仮想通貨不労収益を実現!】↓

↓【業界最先端の情報がここに!】↓

↓【編集部がいま最も注目!】↓

↓【利益獲得者続出!主要通貨に強い!】↓

仮想通貨TIMESとは

仮想通貨への投資で稼ぎたい、資産を安定して増やしたいという方のために、仮想通貨の情報をまとめるネット上の新聞です。

また、昨今増えているICO案件、詐欺被害などのトラブルについても、警鐘を鳴らすために情報収集しています。

本来、仮想通貨は非常に安全で、トラブルがないものです。

これからの世代を生きる人すべてが、安全に仮想通貨に親しめるように、アルトコインや新規作成された仮想通貨、またICOなど、さまざまなニュースをご提供していきます。

管理人ツイッター

相互リンク

アクセスランキング

infotopランキング