仮想通貨TIMES

仮想通貨ハードウェアウォレット技術でハッキングリスクを回避

Pocket

 

ソニーコンピュータサイエンス研究所は10月23日、ソニーのICカード技術を応用し、非接触ICカード型の「仮想通貨ハードウェアウォレット技術」を開発したと発表しました。

 

ICカードを使って秘密鍵を安全に生成・保存できる技術です。今後、技術の事業化に向けた取り組みを進めるとのこと。

 

ハッキングによる流出などのリスクを回避

 

 

仮想通貨は、一般に公開される「公開鍵」と、ウォレット所有者のみが知る「秘密鍵」の組み合わせで管理します。

 

送金などの操作には秘密鍵が必要で、万一、秘密鍵がもれると、自分の仮想通貨を他人に送金されるといった事態が起きてしまいます。

 

ハードウェアウォレットは、秘密鍵をオフラインのハードウェアで管理するための端末です。

 

秘密鍵をオンラインから切り離すことで、ハッキングによる流出などのリスクを避けられることになります。

 

同研究所は、ソニーのICカード技術を応用し、ICカードハードウェア関連技術と、相互認証・暗号通信技術を含む技術を開発しました。

 

ICカード内のモジュールは外部から解析・改ざんされにくい

 

これはUSBでPCと接続する既存のハードウェアウォレットと異なり、ICカード型なので小型で持ち運びやすいほか、ICカード内のモジュールは外部から解析・改ざんされづらいという特徴があります。

 

これにより安全に秘密鍵を生成・保存できるとのことです。

 

またこの技術は、仮想通貨の取引での利用だけではありません。

 

ブロックチェーン技術を応用した個人情報管理システム。これによりユーザーが個人情報の利用を許諾するために使う秘密鍵の管理など、さまざまなアプリケーションへの応用が可能な技術だとしています。

 

今後、これらの事業化に向けて取り組んでいくとのことです。

 

上場企業による仮想通貨インフラの整備は、私たちユーザーにとっても非常に有益かつなくてはならないものになります。仮想通貨タイムズは今後もこれらの関連ニュースを取り上げ、告知していきたいと思います。

 

(記事執筆●仮想通貨TIMES 編集部)


【仮想通貨の自動売買で、収益を自動化!】↓



↓【世界中の“勝てる”仮想通貨を徹底リサーチ!】↓


↓【1600種類以上に渡る通貨情報!限定公開!!】↓


↓【急騰目前のアルトコイン情報を今すぐ入手可能!】↓


↓【世界54ヶ国以上の取引所対応!“急騰通貨”情報!】↓



↓【ブログに書けない仮想通貨情報はこちらから!】↓ ↓




ここまで読んでいただき、心より感謝いたします! 
最後、あなたの1クリックが更新の励みになります!
↓↓↓
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ
にほんブログ村

仮想通貨ランキング

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメサイト紹介記事

【仮想通貨の自動売買で、収益を自動化!】↓

↓【世界中の“勝てる”仮想通貨を徹底リサーチ!】↓

↓【1600種類以上に渡る通貨情報!限定公開!!】↓

↓【急騰目前のアルトコイン情報を今すぐ入手可能!】↓

↓【世界54ヶ国以上の取引所対応!“急騰通貨”情報!】↓

仮想通貨TIMESとは

仮想通貨への投資で稼ぎたい、資産を安定して増やしたいという方のために、仮想通貨の情報をまとめるネット上の新聞です。

また、昨今増えているICO案件、詐欺被害などのトラブルについても、警鐘を鳴らすために情報収集しています。

本来、仮想通貨は非常に安全で、トラブルがないものです。

これからの世代を生きる人すべてが、安全に仮想通貨に親しめるように、アルトコインや新規作成された仮想通貨、またICOなど、さまざまなニュースをご提供していきます。

管理人ツイッター

相互リンク

アクセスランキング

infotopランキング