仮想通貨TIMES

SIRコインは稼げる? 運営会社の実態はHPも存在せず…

Pocket

 

SIR(サー)コインのプロジェクトは、教育機関「日本カジノ学院」と提携して活動を行っています。

 

国内のカジノIR施設への人材育成や紹介・取引決済などが主な業務です。

 

日本版IRと深く関わるプロジェクトをスタートさせているとのこと。

 

「IR実施法案(カジノ法)」が成立したことで日本国内でのIR施設は注目されています。

 

 

「IR実施法案(カジノ法)」

カジノを中心に宿泊施設、会議施設、テーマパーク、商業施設などを一体的に整備する統合型リゾート(Integrated Resort:IR)の設立を推進する基本法。議員立法として、2016年(平成28)12月に公布・施行された。正式名称は「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」(平成28年法律第115号)。日本で禁じられたカジノ解禁につながることから「カジノ法」「カジノ解禁法」「カジノ推進法」ともよばれる。

 

コトバンクより抜粋

 

 

法案が成立したことに目を付けたICO案件「SIRコイン」が話題になっていますが、実際に稼げるICO案件なのか、編集部としても非常に興味深く、この度調査を行いました。

 

 

通貨名 SIRコイン
通貨コード SIR
発行元 SIGN IR PTE.LTD
BCプラットフォーム ERC20
総発行枚数 80億SIR
公式URL https://sir-project-partners.co.jp/aff/files/doc.pdf

 

 

SIRコイン、運営実態は日本国内

 

「SIRコイン(サーコイン)」について会社情報を調べると、

 

・通貨の発行元

・日本での販売代理店

 

これらは違う会社でした。

 

発行元はSIGN IR PTE.LTD(シンガポール)であり、販売元は株式会社 Sir Project Partners。

 

どちらも公式サイトはありませんでした。

 

またどちらも2018年5月に設立された会社でして、おそらくICOを行うためにシンガポールと日本、同時に登記したものと思われます。とすると、運営する本丸は日本国内と推測するのが自然でしょう。

 

また、「株式会社 Sir Project Partners 」については、設立からわずか2か月で2回、名前を変えていますが、これはなぜでしょうか。

 

また、販売元は「Sir Project Partners」ではなく、2017年より販売を開始している「ASECコイン」という仮想通貨の販売会社と同じ住所としています。

 

「ASECコイン」は実際に稼げない人が続出したICO案件であり、もしかしたら仮想通貨タイムズの読者様にも、利用した方がいらっしゃるかもしれません。2018年秋現在、上場先の取引所が公開されておりません。

 

「ASECコイン」の販売で成功した人が、次にICOを立ち上げたのが「SIRコイン」。そして、現在もASECコインの販売元が運営を行っていると推測できます。

 

ピースペイメントサービスという企業が振込先

 

「SIRコイン」の申し込みをしようとすると、資金の振込先として「ピースペイメントサービス」という会社が出てきます。

 

こちらはどちらの会社とも同じの「福岡市 中央区 舞鶴 二丁目4番13号 」が住所であり、それぞれがやはり同一グループであることが明確になりました。

 

ではなぜ発行元の企業をシンガポールにしているのか? それは理由は明白で、自分たちが仮想通貨交換業者の資格を持っていないので、海外を選んだだけでしょう。

 

「SIRコイン」のICOは不透明な部分が多く、今後も利用に関しては注意をするべきと判断します。

 

 
(記事執筆●仮想通貨TIMES 編集部)


【仮想通貨の自動売買で、収益を自動化!】↓



↓【世界中の“勝てる”仮想通貨を徹底リサーチ!】↓


↓【1600種類以上に渡る通貨情報!限定公開!!】↓


↓【急騰目前のアルトコイン情報を今すぐ入手可能!】↓


↓【世界54ヶ国以上の取引所対応!“急騰通貨”情報!】↓



↓【ブログに書けない仮想通貨情報はこちらから!】↓ ↓




ここまで読んでいただき、心より感謝いたします! 
最後、あなたの1クリックが更新の励みになります!
↓↓↓
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ
にほんブログ村

仮想通貨ランキング

関連記事

コメント

    • nanashi
    • 2018年 10月 09日

    トレンドをネタに商品にしてるけど、実際どうなんだろうね

      • 管理人
      • 2018年 10月 09日

      仮想通貨タイムズ編集部の若林です。

      カジノ法案は世界各国から注目がありますし、話題性は十分ですね。
      信頼できる案件だと、こちらも安心して皆様にオススメできるのですが…

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメサイト紹介記事

【仮想通貨の自動売買で、収益を自動化!】↓

↓【世界中の“勝てる”仮想通貨を徹底リサーチ!】↓

↓【1600種類以上に渡る通貨情報!限定公開!!】↓

↓【急騰目前のアルトコイン情報を今すぐ入手可能!】↓

↓【世界54ヶ国以上の取引所対応!“急騰通貨”情報!】↓

仮想通貨TIMESとは

仮想通貨への投資で稼ぎたい、資産を安定して増やしたいという方のために、仮想通貨の情報をまとめるネット上の新聞です。

また、昨今増えているICO案件、詐欺被害などのトラブルについても、警鐘を鳴らすために情報収集しています。

本来、仮想通貨は非常に安全で、トラブルがないものです。

これからの世代を生きる人すべてが、安全に仮想通貨に親しめるように、アルトコインや新規作成された仮想通貨、またICOなど、さまざまなニュースをご提供していきます。

管理人ツイッター

相互リンク

アクセスランキング

infotopランキング